このブログではエンドロール撮影歴8年の布川(ぬのかわ)が現場の視点から結婚式の闇(笑)を暴露しています。 また当社(STYLE Shop)の撮影における想いも熱く語っています。 カメラマンを外注したい!と思っている新郎新婦にぜひ読んでい頂きたいです! このブログに始めてきた方はまずは、
初めての方へをご覧ください!
ブログの筆者についてはこちら!
YouTubeチャンネルはこちら!


リモート結婚式ってどうよ??【会場からしたら死活問題】

コロナウイルスの影響で結婚式の延期や中止が相次ぐ中、Zoom等を活用しリモートで結婚式を挙げるサービスが次々と誕生しています。

何から何まで「リモート化」している今、やはりブライダル業界でもその波は来ています。

週刊SPAが以下の様な記事を書いていました。

リモート結婚式ってあり? 費用は10万円以下、ご祝儀は…

皆さん、リモート結婚式ってどう思います?

有りか無しかで言うとどっちでしょうか?

私は「有り」だと思っています。

ただし、流行ることはないと思っています。

というのも、リモート結婚式が主流になると、ブライダル業界が破綻します。

結婚式場やそこに関わるスタッフなど、全員職を失います(笑)

ですので、会場やブライダルプロデュース会社は「リモート結婚式」は推奨しないでしょう。

お金にならないですから。

でも、今このタイミングだからこそ成り立つサービスで、しっかりと骨組みが出来ればリモート結婚式を定着させることは出来るのではないかと思っています。

結婚式って、初見さんをターゲットにしたビジネスなので、プランナーがゼロから手取り足取り段取りを組んで結婚式当日を迎えます。

リモート結婚式の場合は、どうか?

・担当プランナーはつくのか?
・どういう段取りで当日を迎えるのか?
・ゲストはどういう風に参加するのか?
・結婚式最中はゲストと交流できるのか?
・料理やドリンクなどのサービスは一切不要?
・写真やビデオなどの記録はどうする?
・費用はどれくらいなのか?
・ご祝儀は?

など、従来の結婚式と比べると疑問点が沢山浮かび上がってきます。

そもそも、従来の結婚式と比べてはいけないのだと思いますが…

リモート結婚式の定義がしっかりと固まれば、ある一定数の新郎新婦は選ぶのではないかと思います。

ただし、先にもお伝えしたように結婚式会場はリモート結婚式なんてくそくらえ!だと思いますので、流行りそうになったら全力で潰してきそうです(笑)

リモートでの面談や打ち合わせは良いと思いますが、結婚式自体をリモートでされてしまったら、商売あがったりです。

しかし、コロナウイルスが収束しない限り新郎新婦はいつまでたっても結婚式を挙げることに踏み切れないし、それだったら形だけでも…という事でリモート結婚式をやる方もいるでしょうね。

それか、カリスマ性のある芸能人やYouTuberがリモート結婚式をおススメしたりしたら、一気に広がる可能性もあります。

リモート婚

っていう響きも悪くないですね~。

それでは。

布川洋平
布川洋平
関東近辺を中心にブライダル撮影&撮って出しエンドロールの撮影を行っています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です