このブログではエンドロール撮影歴8年の布川(ぬのかわ)が現場の視点から結婚式の闇(笑)を暴露しています。 また当社(STYLE Shop)の撮影における想いも熱く語っています。 カメラマンを外注したい!と思っている新郎新婦にぜひ読んでい頂きたいです! このブログに始めてきた方はまずは、
初めての方へをご覧ください!
ブログの筆者についてはこちら!
YouTubeチャンネルはこちら!


メルパルク仙台のその後【何が本当なのか?】

先月、メルパルク仙台が大炎上したことはご存知だと思います。

もしこの事件を知らない方は、以下の記事をまずはご覧ください。
⇒メルパルク仙台の炎上事件からの教訓

この炎上事件から約1ヶ月が過ぎました。

炎上した当初は、テレビ・雑誌・SNSで大々的に報道されましたが、いまではもう過去の祭りで、だれもこの事件について触れることがなくなりました。

しかし、私としてはメルパルク仙台と新郎新婦がどの様な結末を迎えるのかはずっと気になっていました。

そこで、1ヶ月経った今、ツイッターで「#メルパルク仙台」で検索をかけました。

すると、とても気になる内容のツイートを発見しました。

このakさんのツイート内に記載があるヤフー知恵袋のリンクをクリックしてみてください。

IDは非公開となっていますが、質問者さんはメルパルク仙台の例の事件の当事者「プランナー」だと推測できます。

質問内容を見ていただくと分かりますが、例の炎上事件は「事実と異なる」という事を主張されています。

■あの炎上事件でミスをしたのは「同僚」打ち合わせは1年前から同僚がしていた。
■ある事ない事を大袈裟にツイートされた。そのツイートした方とは連絡がつかない(鍵垢で逃走中)

という反論をヤフー知恵袋でされています。

この知恵袋に書かれている方も当事者のプランナーかは定かではありませんが、もし本人だとすると、もう何が真実かが分かりません。

この事件を最初に目にした時は、メルパルク仙台+プランナーが「悪」と思いました。

おそらく、大半の方がそう思ったでしょう。

だからこれだけ拡散され、テレビでも放映されたのです。

しかし、当事者のプランナーが「事実と異なる」「ある事無いことがツイートされた」と主張しています。

どちらの意見が正しいのかは分かりませんが、「会場」「プランナー」「新郎新婦」のこの三つ巴でまた炎上するかもしれません。

もし、新郎新婦 or ツイートを拡散した友人が事実と異なることを言っていた。

となったら、大問題です。

会場とプランナーはあの事件で相当なダメージを負ったはずです。

特に、プランナーは本名と顔写真まで出回っていたので、その後負い目を感じながら生活をされていたと思います。

今回の炎上事件では、私もこのブログやYouTubeで「プランナーの怠慢だ!」と大々的に言いましたが、ヤフー知恵袋の内容を見て心が痛くなりました。

今となっては何がホントで何が嘘かは、本人たちにしか分かりません。

私が伝えられることは、あの事件は「プランナーが悪」ではないかもしれない。

という事だけ。

メディアに振り回され過ぎず、冷静に判断して行動する事。

これを肝に銘じたいと思います。

それでは。

結婚式の初期見積りについて【騙されないでください】

今回は結婚式における初期見積りについて書きたいと思います(* ̄▽ ̄)フフフッ♪

結婚式場を選ぶ際、会場の雰囲気・料理・装飾など様々なポイントから決めると思いますが、やっぱり気になるのが料金。

料金をど返しして会場を決める。というそんなリッチな方は少ないですよね。

リーズナブルに素敵な結婚式を挙げたい。

そう思うのが当たり前です。

式場見学の際に、初期見積りを提出してくれると思いますがその金額はあくまで最低ライン。という事でとらえた方が良いでしょう。

初期見積りから100万、150万上がるという事は珍しくありません。

では、なぜそのような事が起きるのか?

答えは簡単です。

初期見積りの段階では「最もシンプルな方法で結婚式を挙げる」ための費用だからです。

もちろん、初期見積り通りで結婚式を挙げることはできます。

ただし、「シンプルな結婚式」で新郎新婦は満足できるのでしょうか?

そもそもシンプルな結婚式の定義とは何でしょうか?

結婚式はゲストをおもてなしてナンボ。です。

初回見積もりに入っていないけど、結構みんなやってますよ!

という項目を10個ピックアップしたいと思います。

  • 1.挙式後のフラワーシャワー
  • 2.装花(高砂・ゲストテーブル)
  • 3.披露宴前のウェルカムドリンク
  • 4.スナップ写真(データ納品)
  • 5.記録用ビデオ
  • 6.撮って出しエンドロール
  • 7.プロフィール・オープニングビデオ
  • 8.両親や親族などの着付け
  • 9.招待状・引き出物
  • 10.ウェルカムボード

ひとまず、10個上げましたが、まだまだあると思います。

どこまでこだわりたいか!によって金額は大きく変動します。

結婚式会場は制約することを最優先しますので、こだわりが増えると金額はもっと高くなりますよ

とは言いません。

初期見積りの項目をどこまで入れるかは会場次第ですが・・・

上記に挙げた4.5.6.の映像演出系について深掘りして解説したいと思います。

スナップ写真(データ納品)

会場のスタジオで撮影する「ポージング写真・家族集合写真」はスナップ写真撮影には含まれません。

スナップ写真とはあくまで、挙式+披露宴を通しで撮影する商品となります。

で、今回「(データの納品)」としたのは…

スナップ撮影は見積もりに入っていることが多いですが、「アルバムプラン」が殆どで、全データをお渡しする場合は、追加料金がかかる。というパターンが多いようです。

今の時代、アルバムでなくてデータが欲しいですよね(>_<)

記録用ビデオ

この項目を初期見積りに入れている会場ってあるんですかね?というぐらい、入れてないと思います。

というのも、記録用ビデオは10~20万円位が相場ですので、初期見積りに入れて金額を吊り上げたくない。のだと思います。

撮って出しエンドロール

この項目は初期見積りには絶対入っていないはずです。断言できます!

とっても人気のある商品ではありますが、撮って出しエンドロールは完全にオプションという扱いです。

上記であげた映像系の演出は、やらなくても結婚式当日においては全く問題有りません!

ただし、結婚式の様子が後々見返せない。という事になります。

写真・ビデオは最低限の残しておきたいですよね。一生に一度の結婚式なんですから。

写真・ビデオ・エンドロールが初期見積りに入っていれば、その時点で撮影をどうするか?という気づきが新郎新婦に芽生え、ゆっくりと検討ができます。

しかし現実は、挙式の2-3カ月前の会場との打ち合わせで撮影についての話があります。

そこで、商品金額・持ち込み料・持ち込みに関する規制が告げられ、愕然とする(゚Д゚;)

Ω\ζ°)チーン

そうならないために、初期見積りだけで安心しきるのではなく、ご自身が挙げたい理想の結婚式を会場に伝え、初期見積もりまたは、かなり早い段階で精度の高い見積書を出してもらうようにするのが良いでしょう!

それでは。

お盆安みだからできる事【この時期大事です】

今日からお盆休みに入っている方が多いのではないでしょうか?

ゆっくりと自宅で過ごす方もいれば、旅行や帰省される方も多いと思います。

お盆の時はブライダルも閑散期に入り、撮影は殆どありません。

今週末は撮影が、1件あるだけで次の撮影は8/23の平日撮影です。

毎年、お盆休みは仕事をせずゆっくりと過ごすことが多いのですが、今年のお盆休みは実は忙しい(;^_^A

新しく始めるビジネスの準備をしようと思っています。

新ビジネスに関しては追々このブログでも宣伝させていただく予定です。

もちろん、ブライダルに関連するサービスをスタートします(* ̄▽ ̄)フフフッ♪

はい。

今回はちょっと中身がなさすぎる内容のため、当カメラマンが撮影した素敵なスナップ写真ギャラリーをアップします(笑)

どうぞご覧ください!

















それでは。

商品の価値はお客様が決める【低価格・高品質を売りにするのはNG】

先日、当HPのスマホサイトをフルリニューアルしました。

リニューアルのポイントは「よりシンプルなサイトに!」です。

シンプルなんだけど、伝えたいことは明確にしたい。

伝えたいことは「低価格&高品質」です。

リニューアル前のHPでは、価格を前面に出し「業界最安値に挑戦!」と出していました。

とにかく「低価格なんだ!」という事を知ってもらいたかったのです。

でも、待てよ・・・ (。´・ω・)?

価格が安いか高いかを決めるのは提供する側ではなく「お客さんが決めるもの」じゃない!?

って思ったんです。

そうですよね。

いくら、売り手が「安いですよ!」って言っても買い手が「これは欲しい!・お買い得だ!」と思わないと意味がありません。

つまり、

お客様は「安いから買う」のではなく「良いものが安いから買う」のです。

なので、HPで低価格&高品質を前面に打ち出してもあまり意味がないのです。

「ここに撮影を依頼したら素敵な作品に仕上がりそうだな」

と、まずは思ってもらわないと次のステップには進みません。

また、低価格を売りにした場合、実はマイナスに働くことがあります。

安い = 低品質なのでは?・プロカメラマンではないのでは?・何か裏がある?

と考えるのがこのご時世。

「安い」というだけでHPを見ずに離脱する方も沢山います。

しかし、サービスや商品の質の高さを売りにしたらどうでしょうか?

マイナスな事は一つもないですよね。

高品質な商品 = 怪しい・何か裏がある?

とは思いませんよね。

そのため、HPでは価格訴求をするのではなくサービス&商品の質を訴求することに決めました。

結婚式の記録をもっと自由にカッコよく

というキャッチコピーもそういう意図で作りました。

PCサイトの方はリニューアル前のHPのため価格訴求のままですが、90%以上の方がスマホで当HPを閲覧されているので無視してますΩ\ζ°)チーン

それでは。

子供のために残す結婚式映像【映像を残すか迷っている方へ】

結婚式の映像って残した方が良いのか?

私は、写真が残っていれば十分!と思っていました。

私は幸い、周りにカメラマンの知り合いが沢山いるため自身の結婚式では友人がビデオ撮影をしてくれました。

当時は、ビデオはいらないよ。と撮影を断っていたのですが、絶対撮っておいた方が良いよ。と言われ一応お願いしました。

で、ぶっちゃけ言うと、結婚して12年経ちますが・・・

自分たちの結婚式の映像を見たことありません(゚Д゚;)

DVDで納品してもらいましたが、家のどこかに眠っています(笑)

でも今は結婚式の映像を撮っておいて良かった!と思っています

なぜか?

私には小4の娘と小1の息子がいます。

子供たちが成人し、結婚する時になったらきっとその時に役に立つんだろうな・・・と思っています。

パパとママの結婚式はどんなんだったの?

って聞いてくるのは目に見えています。

私が結婚したのが30歳の時です。

子供が結婚するのは20年後かもしれません。

その時、私は60歳です。

60歳の私が、30歳の時の結婚式の映像を子供と一緒に見る事が出来る。というのは凄い事だと思います。

結婚式では、妻にプロポーズし生涯共に生きることを誓っています。

若かりし頃の家族や親戚、友人知人も映像の中に写っています。

何十年たっても、結婚式当日の様子が映像として色あせることなく残っているのです。

そう考えると、一生の宝物ですよね。

自分一人で映像を見返そうとは思いませんが、いつか家族全員で見る日が来ると思うと恥ずかしいですがワクワクします。

ビデオ撮影は安い買い物ではありませんが、迷っている方の参考になれば幸いです。

それでは。