このブログではエンドロール撮影歴8年の布川(ぬのかわ)が現場の視点から結婚式の闇(笑)を暴露しています。 また当社(STYLE Shop)の撮影における想いも熱く語っています。 カメラマンを外注したい!と思っている新郎新婦にぜひ読んでい頂きたいです! このブログに始めてきた方はまずは、
初めての方へをご覧ください!
ブログの筆者についてはこちら!
YouTubeチャンネルはこちら!


カメラマンのギャラについて【これが本質でも受け入れるのは難しい】

この記事の一つ前で「カメラマンのギャラは時給+スキル」で決まる。

という事を書きました。

その時の記事はこちらからどうぞ(⇒持ち込みカメラマンの会場下見は必要か?【結論:不要です】

実はこの時給という考えは「私は個人的には反対」なのです。

時給●●●円。

というとどんな職業がぱっと頭にを浮かびますか?

私は「時給=アルバイト」という構図が真っ先に思いつきます。

アルバイトというと、自分の時間を切り売りして給与をもらうため、特別なスキルを必要としないことが多いです。

でも、ブライダルカメラマンってどうでしょうか?

アルバイト感覚でできますかね?

実際にやっている方もいるようですが、そういう方達がトラブルを起こし、持ち込みカメラマンの撮影規制がかかってしまうので、我々からするとホント迷惑な存在なのです。

ブライダルカメラマンは芸術家に近い存在です

ブライダルカメラマンは、カメラ&レンズを通して各々の作品を生み出します。

同じ景色を撮影するのでも、構図・色合い・ライティング・ぼかし技術が違えば、クオリティーに大きな差が出ます。

その差は何なのか?

経験値?
センス?
撮影スキル?
機材の性能?

明確には分かりません(>_<)

ただし、何年と積み重ねた経験が作品に宿るモノだと思っています。

なので、本来はカメラマンのギャラは時給ではなく「自身の価値」で決まるモノだと考えています。

じゃあ、その価値っていうのは具体的にいくらなのか?

これが分からないので時給換算になりがちなのです。

既にご存知の方が多いと思いますが、ピカソの有名な話があります。

ピカソが街を歩いていた時、ファンの女性がこんな風に話しかけてきたそうです。

ピカソさん、私あなたの大ファンなんです。この紙に一つ絵を描いてくれませんか?

そして、ピカソは30秒ほどで絵を描きその紙を彼女に渡してこう言ったのです。

この絵の価格は、100万ドルです

女性は驚き、こう言いました。

ピカソさん、だってこの絵を描くのにたったの『30秒』しかかかっていないのですよ?

ピカソは笑みを浮かべてこう返しました。

30年と30秒ですよ

このエピソードはピカソだから成り立つと言われれば、その通りではありますが、ピカソに限らず芸術を仕事にしている人は、その成果が理解されないことは多々あります。

しかし、芸術の値段というのは、自分自身の価値を決める大切な行動だと認識し、簡単に出来るからといって安請負はしない方が良い。

という教訓です。

それでは。

アバター
布川洋平
関東近辺を中心にブライダル撮影&撮って出しエンドロールの撮影を行っています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です