このブログではエンドロール撮影歴8年の布川(ぬのかわ)が現場の視点から結婚式の闇(笑)を暴露しています。 また当社(STYLE Shop)の撮影における想いも熱く語っています。 カメラマンを外注したい!と思っている新郎新婦にぜひ読んでい頂きたいです! このブログに始めてきた方はまずは、
初めての方へをご覧ください!
ブログの筆者についてはこちら!
YouTubeチャンネルはこちら!


撮って出しエンドロールはコスパ最強の仕事です【8年やってる私がお伝えします】

披露宴の最後に上映する撮って出しエンドロールは今や結婚式の定番の演出となっています。 私は、その撮って出しエンドロールの撮影と編集を8年やっています。 2011年に撮影業者の下請けカメラマンとしてエンドロール撮影をスター... 続きを読む

結婚式会場の撮影規約について物申す!【感情論ですので悪しからず】

我々持ち込みカメラマンは会場が決めたルールに従って撮影をします。 ブライズルームが撮影できない。 挙式中は動いて撮影ができない。 三脚を使っての撮影ができない。 など、色々ありますが、その中でも、ちょっと納得がいかない。... 続きを読む

カメラマンのギャラについて【これが本質でも受け入れるのは難しい】

この記事の一つ前で「カメラマンのギャラは時給+スキル」で決まる。 という事を書きました。 その時の記事はこちらからどうぞ(⇒持ち込みカメラマンの会場下見は必要か?【結論:不要です】) 実はこの時給という考えは「私は個人的... 続きを読む

持ち込みカメラマンの会場下見は必要か?【結論:不要です】

結婚式撮影における会場下見って必要だと思いますか? ブライダル撮影経験の浅いカメラマンであれば下見はした方が良いかも知れませんが、ある程度経験を積んだカメラマンであれば下見は不要です。 もちろん、下見をしておけばプランナ... 続きを読む