このブログではエンドロール撮影歴8年の布川(ぬのかわ)が現場の視点から結婚式の闇(笑)を暴露しています。 また当社(STYLE Shop)の撮影における想いも熱く語っています。 カメラマンを外注したい!と思っている新郎新婦にぜひ読んでい頂きたいです! このブログに始めてきた方はまずは、
初めての方へをご覧ください!
ブログの筆者についてはこちら!
YouTubeチャンネルはこちら!


【たい】【できる】【べき】の法則

【たい】【できる】【べき】の法則ってご存知でしょうか?

私が会社勤めしていた頃に社長からずっと言われていたフレーズです。

会社の経営は「たい・できる・べき」のこの3つの要素を常に考えて行動しているのだと。

当時はあまり意味が分かっていませんでしたが、仕事に慣れ自分が経営をし始めて、このフレーズの本当の意味が分かってきます。

さて、この「たい・できる・べき」とはどういう意味なのか?

  • ■たい = やりたい
  • ■できる = やることができる
  • ■べき = やるべき

例を挙げて説明します。

例えば、新しく写真スタジオを始めたい!と思った時にこの3つを当てはめて考えてみる。

【たい】写真スタジオは本当に自分がやりたい!という気持ちがあるのか?

【できる】写真スタジオをやるための能力・資格・資源が自分には備わっているのか?

【べき】写真スタジオを利用したい人のニーズはあるのか?

この3つの要素がクリアされると写真スタジオで成功する確率が上がります。

そして、この3つの中でも一番大事なのが、「たい」です。 

「たい」がない場合

写真スタジオをやることが出来るスキルはあり、ニーズもある。でも、やりたいとは思わない。

この場合は、やるべきではないですよね。

「できる」がない場合

写真スタジオはやりたいことで利用したいニーズはある。でも、そのための能力・資格・資源がない。

この場合は、スタジオを開くための勉強をすれば何とかなりそうですよね。

「べき」がない場合

写真スタジオはやりたいことでできるスキルもある。でも、利用者ニーズがない。

この場合は今すぐにはできなそうですが、ニーズがある場所でやる。という選択肢はありますよね。

つまり、事業を始める時に「たい = やりたい」という気持ちがなければ成功することは難しい。という事になります。

ただし、「やりたい」という気持ちが強くても、「できる」「やるべき」の両方が欠落していると気持ちだけが空回りします。

皆さんも今やっている仕事やこれからやろうとしている仕事は「たい・できる・べき」のこの3つの要素に当てはめて考えてみてください。

それでは。

アバター
布川洋平
関東近辺を中心にブライダル撮影&撮って出しエンドロールの撮影を行っています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です