このブログではエンドロール撮影歴8年の布川(ぬのかわ)が現場の視点から結婚式の闇(笑)を暴露しています。 また当社(STYLE Shop)の撮影における想いも熱く語っています。 カメラマンを外注したい!と思っている新郎新婦にぜひ読んでい頂きたいです! このブログに始めてきた方はまずは、
初めての方へをご覧ください!
ブログの筆者についてはこちら!
YouTubeチャンネルはこちら!


【ナシ婚増加】チャペルはレンタルする時代

チャペルって一般の方に貸し出しをしているってご存知でしょうか?

例えば、東京ガーデンパレスという会場はチャペルレンタルをしています。

基本料金は2時間+リハ1時間の合計3時間で32,400円です。※グランドピアノや控室などはオプション。

まあまあ高いですが、複数人で割り勘すればお得に借りれるかもしれません。

ちなみに東京ガーデンパレスでは「チャペルde演奏会プラン」という名目で貸し出しをしているので、コンサートホール替わりに使ってほしい。

という意図のようです。

ナシ婚カップが増え続けています。

今回この記事を取り上げたのには理由があります。

皆さん、ナシ婚という言葉を聞いたことありますでしょうか?

結婚式を挙げずに入籍のみで終わらせてしまう事を「ナシ婚」言います。

あなたの周りでもナシ婚の方結構いるんじゃないですかね?

私の友人でナシ婚カップルは5組います。

なんと、このナシ婚を選択している人は「婚姻者の約50%」を占めているようなのです。

これは驚きですよね。

  • ・お金がかかるから挙げたくない
  • ・友達がいないから挙げたくない
  • ・再婚や片親だから挙げたくない
  • ・容姿に自信がないから挙げたくない
  • ・結婚式の費用を貯蓄したい

など、理由は様々なようですが、そもそも結婚式を挙げることに魅力を感じていない。というのが根本の原因だと思います。

そうなったのも、SNSが急速に普及した今の時代を象徴する自然な流れなのかもしれません。

きっとこれからもナシ婚カップルは増え続けると思います。

撮影業者やフリーカメラマンはビジネスチャンス!?

ナシ婚とはいえ、入籍したらやらなければいけないことはあります。

  • 両親の顔合わせ(結納)
  • 親戚・職場・友人への結婚報告

結婚式を挙げないとしても、結婚報告はする必要があります。

報告の仕方はいろいろありますが、新郎新婦の写真付きで報告するのが丁寧だと思います。

でも、二人で写っている素敵な写真がない!結婚報告にふさわしい写真がない!というケースが考えられます。

だ・か・ら・・・

前撮り撮影が人気なのかもしれません。

ナシ婚の方が前撮りやロケーション撮影を利用する率が高いのではないかと思っています。

結婚という一つの節目で撮影をしよう。
と思うのは自然な流れです。

レンタルチャペルが一つの選択肢になる?

前撮りと言うと、スタジオで撮影したり和装を着て神社で撮影したりが定番ですが、写真・ドレス・ヘアメイク・ロケーションにこだわりたい方は独自でカメラマンやメイクさんを探し依頼します。

でもフリーカメラマンやメイクさんは撮影できる場所を持っていないケースが多いです。

そういう時にこのチャペルレンタルは使えるかもしれません!

時間貸しなので使いたい時間だけ借りればよいのでコスパは良いです。

また、スペースマーケットというスペースをレンタルしてくれるサービスでもチャペルだけでなく披露宴会場を丸々レンタルできたりします。

ナシ婚層に向けた新たなビジネスチャンスかもww

それでは。

アバター
布川洋平
関東近辺を中心にブライダル撮影&撮って出しエンドロールの撮影を行っています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です