このブログではエンドロール撮影歴8年の布川(ぬのかわ)が現場の視点から結婚式の闇(笑)を暴露しています。 また当社(STYLE Shop)の撮影における想いも熱く語っています。 カメラマンを外注したい!と思っている新郎新婦にぜひ読んでい頂きたいです! このブログに始めてきた方はまずは、
初めての方へをご覧ください!
ブログの筆者についてはこちら!
YouTubeチャンネルはこちら!


エンドロールの曲の長さはどれくらいが良い?

エンドロールで使用する曲の長さって何分ぐらいがちょうどよいのか?

この質問をよくいただきます。

ん~

回答が難しい(>_<)

強いて言うなら、4分~4分30秒ぐらいがちょうど良い長さかな・・・。

でも、実際は曲の長さはあまり関係なく、新郎新婦が好きな曲を選ぶのが良いと思っています。

「この曲をエンドロールに使いたい!」と思った曲が3分であればそれでも良し。6分であればそれでもなお良し。

というのが私の本音です。

ただし、イレギュラーなケースもあります。

例えば、挙式がなくて、披露宴(1.5次会)だけでエンドロールを作る場合に曲の長さが6分だとかなりきついです。というのも、曲が長くなればなるほど編集時間が増えます。

また、披露宴(1.5次会)のみの映像なので撮れ高も通常の結婚式よりも減りますので挙式がないエンドロールは3分~4分ぐらいの曲を選んでもらうようにお伝えすることがあります。

新郎新婦的には長い曲を使えば、色々なシーンが入る。という考えを持つかもしれませんが、制作者的には尺を埋めるために本来であれば使わない映像も入れる。という視点もあります。

エンドロールの構成は足し算ではなく引き算なので、撮った映像から不要なシーンを省いていき一つのムービーを作ります。

これは私の経験値からくることですが、そういったことを考慮すると、4分30秒前後の曲が一番作りやすい長さかもしれません。

が・・・

曲の長さはあまり気にせずに、思い入れのある曲を使う。

というのが良いと思います!

それでは。

アバター
布川洋平
関東近辺を中心にブライダル撮影&撮って出しエンドロールの撮影を行っています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です