このブログではエンドロール撮影歴8年の布川(ぬのかわ)が現場の視点から結婚式の闇(笑)を暴露しています。 また当社(STYLE Shop)の撮影における想いも熱く語っています。 カメラマンを外注したい!と思っている新郎新婦にぜひ読んでい頂きたいです! このブログに始めてきた方はまずは、
初めての方へをご覧ください!
ブログの筆者についてはこちら!
YouTubeチャンネルはこちら!


ブログを書くという「整理学」

先月からブログをはじめ、ここ最近は毎日記事を投稿しています。

ブログを書く理由は人それぞれで、目的もいろいろあるかと思いますが、私がブログを書いている最大の理由は、「アウトプット」することです。

これまで、500件以上のエンドロールを作成し、それなりにノウハウが溜まってきました。ただ、このノウハウというモノが目に見えるモノではなく、なんとなく頭の中でもモヤモヤとしています。

そのモヤモヤを整理することにより、私の中で新たな気づきや再確認できるのではないかと考えました。

ブログを書く=アウトプット(視覚化)するという作業はとても大切で、何が大事で何を理解し何を伝えたいのかが明確になります。

例えば、今日は何の記事を書こう?と考えた時、過去にあったお問い合わせメールをざっと見返します。すると、新郎新婦から同じような質問をいただいている事に気づきます。

エンドロールをお願いした際は何名のスタッフが来られますか?

という質問が多くありました。

この質問をする新郎新婦の意図は?

きっと会場に支払う持ち込み料の金額を知りたいのだと推測できます。持ち込み料は、カメラマン1名につき●万円かかるのが一般的です。

それならば、当社のエンドロールはスタッフ1名で対応している旨の記事を書けばよい。と考えます。
それがこれ⇒「エンドロールは2名体制?3名体制?いや、1名でしょ!

そして記事を書く際に、1名で撮影と編集をしていることの理由やノウハウを頭の中で整理しながら書きます。

そうすると、さらに別のテーマが浮かび上がってきます。

なぜ当社は1名で撮影と編集をしているのか?

その理由は新郎新婦が支払う持ち込み料を軽減するため。です。

それならば、持ち込み料に関する記事も書こう。と考えます。
それがこれ⇒「結婚式の持ち込み料に関する話

といったように、頭の中で考えている事をブログを通じてアウトプットすることで、情報がドンドン整理されていきます。

今はまだ始めたばかりで20記事程度しかありませんが、このまま書き続けていくと私の考え方がまとまったノウハウ集が出来上がります。

それがイコール、スタイルショップの理念であり、持ち込みを考えいてる新郎新婦へのアピールにもなります。

ノウハウを書き続けることは大変ですが、まだまだ私の頭の中には整理されていない情報が沢山あります。

ネタ切れするまで頑張ってアウトプットしていこうかと思います。

それでは。

アバター
布川洋平
関東近辺を中心にブライダル撮影&撮って出しエンドロールの撮影を行っています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です