このブログではエンドロール撮影歴8年の布川(ぬのかわ)が現場の視点から結婚式の闇(笑)を暴露しています。 また当社(STYLE Shop)の撮影における想いも熱く語っています。 カメラマンを外注したい!と思っている新郎新婦にぜひ読んでい頂きたいです! このブログに始めてきた方はまずは、
初めての方へをご覧ください!
ブログの筆者についてはこちら!
YouTubeチャンネルはこちら!


高額な持ち込み料を取るなら撮影規制は無しにするべき【どうかしてるぜ】

Q:結婚式におけるカメラマンの持ち込み料ってどれくらいするか知っていますか?

A:持ち込み料は各会場が独自で決めています。

持ち込み料は一切要らないよ。という神的な会場もあれば、カメラマン1人につき10万円かかりますよ。

という会場もあります。

ちなみに、私は持ち込み料は取った方が良いと考えている側です。

なぜなら、持ち込み料が全会場で無し。になるとブライダル業界が破綻してしまうからです(笑)

また、持ち込みスタッフだけで行う結婚式は現場レベルでもトラブルが増える可能性も上がります。

持ち込み料はいくらが妥当?

個人的には「3万円」が妥当な金額だと考えています。

3万円の根拠は「結婚式に参列する友人がご祝儀として包む平均の金額」を持ち込み料と考えました。

カメラマン持ち込み=ゲストが1人増える

という意味合いでカメラマン1人につき、3万円が妥協ラインだと感じます。

持ち込み料が・・・

0円だと【ラッキー】
3万円以下だと【お得】
3万円だと【妥当】
3~7万円以上だと【割高】
7~10万円だと【ぼったくり(笑)】

って感じです。

はい。

で、今回話したいのは、持ち込み料の金額についてではありません!

持ち込み料をしっかりと払ったのに、厳しい撮影規制を要求する会場がある。という事を知っていただきたいと思います。

結婚式の1日の流れで、通常我々持ち込みカメラマンが撮影できるシーンは以下の様な感じです。

1.新郎新婦のお支度シーン

2.ポージング撮影

3.親族紹介

4.挙式リハーサル

5.挙式

6.挙式後のアフターセレモニー

7.披露宴開始~終了

挙式の前に行うスタジオ写真は持ち込みカメラマンは撮影NGなのはどの会場も共通です。

持ち込み料を払ってるんだから、上記の1~7は最低限撮影をさせてほしいと考えています。

稀に、高額な持ち込み料を支払っているのに、5.挙式前の撮影は一切NGとか、中には6.挙式後のセレモニーから撮影開始。

という会場もあります。

会場名は出せませんが、東京都にある誰もが知っている超有名会場は持ち込み料カメラマン1名につき10万円かかります。

そして、その会場は披露宴からしか撮影できません。

持ち込み料10万円も払ってるのに、挙式も撮れないんですよ!

ありえないですよね(゚Д゚;)

プランナーへの交渉次第では2.ポージング撮影からずっと撮れたりするんですが(ΦωΦ)フフフ…

でも、プランナーからそう言われたら、大半の新郎新婦は交渉せずに持ち込みを諦めます。

カメラマン1名で10万円の持ち込み料も高すぎますが、それを払っても厳しい撮影規制があるって・・・

いっそのこと持ち込み禁止にすれば!

って思っちゃいます。

もし、この記事を読んだ新郎新婦で持ち込み10万円と言われたらすかさずプランナーに値引き交渉しましょう。

10万円の持ち込み料がかかる会場は全国でもそうは無いと思いますから(◎_◎;)

私の知る限り、都内で4会場です。

この4会場は全て撮影したことありますが、素直に10万円払っている新郎新婦もいれば「持ち込み料払ってませんよ!」という交渉上手の新郎新婦もいました(笑)

それでは。

アバター
布川洋平
関東近辺を中心にブライダル撮影&撮って出しエンドロールの撮影を行っています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です