このブログではエンドロール撮影歴8年の布川(ぬのかわ)が現場の視点から結婚式の闇(笑)を暴露しています。 また当社(STYLE Shop)の撮影における想いも熱く語っています。 カメラマンを外注したい!と思っている新郎新婦にぜひ読んでい頂きたいです! このブログに始めてきた方はまずは、
初めての方へをご覧ください!
ブログの筆者についてはこちら!
YouTubeチャンネルはこちら!


結婚式でカメラマンを外注する方法【持ち込み成功率90%】

結婚式会場の提携カメラマンではなく、外注カメラマンに撮影を依頼したい!

という事って結構ありますよね?

でも、会場の規約上・・・

持ち込みは不可 or 持ち込み料が高額&撮影規制が厳しい。

といった条件を突きつけられるケースも多々あります。

では、カメラマンを招待客として撮影してもらうのが良いのでは?

と考えがちですが、これは会場をだます行為となるため、あまりよい手段とは言えません。

では、どうすればカメラマンを持ち込むことが出来るのか?

その方法は2つあります。

1.会場と契約する際、カメラマンを持ち込むことを条件とする
2.プランナーに誠心誠意にお願いする。

です。

1.会場と契約する際、カメラマンを持ち込むことを条件とする

これは、まだ会場と契約する前の新郎新婦限定となってしまいますが、結婚式は会場を決めるのが第一優先ではありません。

自分が実現したい結婚式が出来るのはどこの会場だろうか? という視点で探してみてください。

「結婚式 準備」と検索すれば、結婚式を挙げる際にどんな準備が必要なのかを丁寧に説明しているサイトが沢山ヒットします。

そういうサイトを少し見るだけでも、結婚式をするためにどういった準備が必要でどれくらいの予算がかかりそうなのか?

というのが見えてきます。

特にカメラマンの持ち込みは会場によって厳しさが全く異なります。

■カメラマンを会場提携にするか?
■持ち込みにするか?

この点は是非、会場を決める前に新郎新婦にしっかりと考えてもらいたいです。

そして、もし我々の様なカメラマン外注を考えているのであれば、気に入った会場は持ち込みが出来るのかを確認し、持ち込みできない会場の場合は「カメラマンの持ち込みをさせてもらう事を契約条件」にして交渉してみてはいかがでしょうか?

条件付きにはなるかもしれませんが、持ち込みできる確率がグググっと上がると思います♪

2.プランナーに誠心誠意にお願いする

既に会場と契約済みで、プランナーとの打ち合わせが始まって「カメラマン持ち込みがNG」という事が発覚した場合どうするか? という点についてお話しします。

その方法は、タイトル通りですが・・・

プランナーに誠心誠意お願いする。

しかありません。

カメラマンを持ち込みたい。理由を正直に伝えるべきです。

・会場の写真があまり好きではない
・会場の撮影費が高すぎて予算オーバー
・撮影を依頼したいカメラマンがいる

上記のどれかだと思いますが、カメラマンを持ち込みたい理由を明確に伝えます。

それでも持ち込みNGといわれたら「なぜ持ち込みがNGなのか?」理由を聞いてみましょう。

過去に外注カメラマンとトラブルがあり禁止になった

というような事であれば、外注カメラマンとの式前に事前打ち合わせをすることを前提に交渉する。とか、

持ち込みNGは、会場の決まりなので…

と曖昧な回答であれば、例えば上司に交渉していただけないか?みたいなことを伝えて上を引っ張り出す。とか、

持ち込みしたい強い思いを伝えれば、特別に撮影許可が下りるケースが多々あります。

ただし、プランナーとの関係性が悪くならない様、言葉遣いや交渉の仕方は注意が必要かと思います。

以上となります。

とにかく、最初が肝心です!

結婚式は、初めてのことだらけですが、事前のリサーチをするかしないかで結婚式の満足度は大きく変わるかと思います!

カメラマンだけでなく、アイテムなど持ち込みを増やして結婚式をしたい。という事であれば会場決定前に持ち込み規制が緩い会場に絞って探すのもよいかもしれません!

それでは。

アバター
布川洋平
関東近辺を中心にブライダル撮影&撮って出しエンドロールの撮影を行っています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です