このブログではエンドロール撮影歴8年の布川(ぬのかわ)が現場の視点から結婚式の闇(笑)を暴露しています。 また当社(STYLE Shop)の撮影における想いも熱く語っています。 カメラマンを外注したい!と思っている新郎新婦にぜひ読んでい頂きたいです! このブログに始めてきた方はまずは、
初めての方へをご覧ください!
ブログの筆者についてはこちら!
YouTubeチャンネルはこちら!


ビジネスにおいて最も重要な「マーケティング」を理解しよう!【具体例で解説】

分かっているけど説明できない「マーケティング」

ビジネスをされている方であれば誰でも一度は耳にしたことがある「マーケティング」という言葉。

マーケティングとは何か?

簡潔に答えることが出来ますか?

私は答えることが出来ませんでした(-_-;)

市場調査したり、広告戦略を立てたりすることがマーケティングかな・・・と思っていました。

皆さんはどうですか?

では、正解をお伝えします。

マーケティングとは「お客様に価値を提供して買ってもらう事」です。

ここで重要なのが「価値を提供する」という部分です。

1つ例を挙げます。

あなたが懐中電灯を買うとします。

なぜ懐中電灯を買うのか?

それは「暗い所を明るくしたい」から。

ですよね?

別に懐中電灯その物が欲しいわけではなく

懐中電灯がもたらす価値(暗い所を明るくする)を得たいのです。

分かりますよね?

このようにお客様にどうやったら価値を伝えられるかを考えて実践するのがマーケティングです。

シンプルですよね。

では、より深掘りしてマーケティングについてお伝えしたいと思います。

先の懐中電灯の例で話を進めます。

あなたが商売人で「お客様に懐中電灯を売りたい」と仮定します。

懐中電灯の価値は「暗い所を明るくする」とお伝えしました。

では、その価値を得られるのはどんな時か?を考えます。
【STEP1 ニーズを探る】

1.災害に備えて自宅に保管しておきたい
2.停電した時に使いたい
3.キャンプに行くときに持っていきたい
4.自転車につけたい

懐中電灯の用途としてはこんな感じでしょうか。

ではそれぞれの用途で更に細分化して考えてみます。
【STEP2 セグメンテーション(細分化)】

1.災害に備えて自宅に保管しておきたい⇒保管し易いようにコンパクトタイプ

2.停電した時に使いたい⇒停電時間が長く続くかもしれないから電池が長持ちするLEDタイプ

3.キャンプに行くときに持っていきたい⇒キャンプ場は真っ暗だろうから光量重視タイプ

4.自転車につけたい⇒自転車につけるから小型で太陽光電池タイプ

こんな感じでしょうか。

1~4の中であなたの売りたい商品(懐中電灯)はどのタイプなのかを考える。

例えば、3.の光量重視の懐中電灯だと仮定します。

そしたら次にすることは、【STEP3 市場調査】です。

光量重視の懐中電灯は世の中にどういうものがあるのだろうか?

・あなたの商品と違う点はどこか?
・他社にない強みは何か?

を明確にします。

調査した結果、あなたの商品の売りが「コンパクトで光量もありUSBで充電できる」という事だったとします。

「コンパクトで光量もありUSBで充電できる」事で得られるお客様の価値は何か?

1.コンパクトだから場所も取らない! 狭い部屋でも問題なし!
2.コンパクトだからキャンプにも最適! 長時間持ち歩いても疲れない!
3.USBで充電できるから電池不要!経済的でお財布にやさしい!

ここまで出来たら、次は「売り方(宣伝方法)」を考えます。

ネットで周知、折り込み広告、SEO、デジタルマーケティングなど、最適な宣伝方法を探ります【STEP4 広報活動】 

以上が、マーケティングの全容です。

まとめます。

マーケティングとは「お客様に価値を提供して買ってもらう事

そのためにやらなければいけない事が

1.お客様のニーズを探る
2.セグメンテーション(細分化)する
3.市場調査(競合調査)を行う
4.広告宣伝活動を行う

です。

1~4全てをやる必要はないかもしれません。

ゴールは「お客様に価値を提供して買ってもらう事」です。(何度も書いてすみません)

そのために必要な事を考えて実践するのがマーケティングです。

それでは。

アバター
布川洋平
関東近辺を中心にブライダル撮影&撮って出しエンドロールの撮影を行っています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です