このブログではエンドロール撮影歴8年の布川(ぬのかわ)が現場の視点から結婚式の闇(笑)を暴露しています。 また当社(STYLE Shop)の撮影における想いも熱く語っています。 カメラマンを外注したい!と思っている新郎新婦にぜひ読んでい頂きたいです! このブログに始めてきた方はまずは、
初めての方へをご覧ください!
ブログの筆者についてはこちら!
YouTubeチャンネルはこちら!


【45歳早期リストラについて思う事】富士通、NEC、コカ・コーラ等大手企業が実施中!

大手企業の45歳リストラ革命

昨年末(2018年末)の話になりますが、知らない方もいるかなと思い筆を執ることにしました。

それは・・・

大手企業が「45歳をリストラ対象としている」という事実。

65歳までが現役とされていた現代において、あまりにも早すぎる不要宣告。

45歳早期リストラを発表した企業は「NEC」「富士通」「コカ・コーラ」「エーザイ」「千趣会」「アルペン」「昭文社」「日本ハム」「キリン」「カシオ」です。

皆さん一度は聞いたことある大企業ばかりですよね。

NECは、昨年6月に3000人規模の早期退職を募集しています。

42歳の私からすると衝撃的な出来事です。

ただし、大企業が45歳早期リストラを進めている理由も納得できます。

今は崩壊しつつある終身雇用ですが、大企業に勤めている45歳は終身雇用世代です。

つまり、自身のスキルを磨くよりも会社に長く居続ける。事が正義だと思っている世代です。

長く勤めれば、それに比例して給与は上がる。

65歳までは安泰。と思っていたのではないでしょうか?

しかし、企業側の視点から考えると「スキルが低く給与が高い人材」を雇っておくメリットはありません。

それに、日本企業は不景気でなかなか物も売れないし、IT技術も世界規模でみると日本は遅れている。

日本企業が活発になるためには、企業の構造改革が必要で、そのためには新しいシステムやビジネスモデルの立ち上げに順応に対応する必要が出てきます。

今までぬるま湯につかってきた柔軟性に欠ける45歳以上の社員はさっさと切られる。

恐ろしい世界ですが、ぶっちゃけ、今までさぼってきた自分が悪い。と思うしかありません。

と思う反面、45歳でリストラされた方はその後の人生はホント大変だと思います。

実際にリストラされた方のその後を追った記事をいくつか見つけました。


1.45歳以上で割増し退職金をもらってリストラされた人のその後の人生は?


2.「一切笑えなかった」リストラ機に44歳の初転職


3.【40代・50代に調査】リストラ体験談と中高年の再就職が難しい理由


45歳早期リストラからの教訓

言うまでもありませんが「個人で生きていくスキルを身につける。」しかありません。

「全員独立した方が良い!」というわけではありません。

会社員は、言われた仕事だけをやっているのではダメです。会社でこなす仕事+勉強(スキルアップ)をする必要があります。

ちなみに・・・

社会人の1日の勉強時間はたったの6分」(平成28年の総務省の社会生活基本調査より)なんです。

おそらく、この6分というのはめっちゃくちゃ勉強している人と、全くしない人の2極端になっているのだと思います。

勉強する事は自分自身の価値を高め、提供価値が上がることで結果的に自分に支払われる対価も引きあげてくれるのですが、社会人になると、学生時代の様に先生や親に「勉強しろ!」といわれることはありません。

なので、意識的に勉強する時間を作っている人がビジネスでも成功するし、リストラ対象からは無論外れてくるのだと思います。

私は、会社員ではないためリストラとは無縁ではありますが、明日仕事がなくなるかもしれないという緊張感と常に向き合って日々生きています。

45歳早期リストラは今後、主流になっていくのではないかと思います。

リストラ対象リストに入らない様、日々スキルアップできるような環境に身を置く事が必須となります。

それでは。

アバター
布川洋平
関東近辺を中心にブライダル撮影&撮って出しエンドロールの撮影を行っています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です