このブログではエンドロール撮影歴8年の布川(ぬのかわ)が現場の視点から結婚式の闇(笑)を暴露しています。 また当社(STYLE Shop)の撮影における想いも熱く語っています。 カメラマンを外注したい!と思っている新郎新婦にぜひ読んでい頂きたいです! このブログに始めてきた方はまずは、
初めての方へをご覧ください!
ブログの筆者についてはこちら!
YouTubeチャンネルはこちら!


【素晴らしい】ジェネラス軽井沢の神対応!

先月、ジェネラス軽井沢でエンドロール撮影を行いました。

当日は、雨が降ったりやんだりを繰り返し、終始曇り空でした。

ジェネラス軽井沢は、山に囲まれた軽井沢らしい素敵なゲストハウスです。

素敵なチャペルも併設されています。

ただ、この日はチャペルではなく外のガーデンで人前式を行う予定でした。

しかし、お伝えしたように当日は天気が微妙で、雨が降ったりやんだりを繰り返していました。

私が会場入りしたときは雨が降っておらず、お二人の支度アップ後に外でスナップ撮影ができました。

10分程度のスナップ撮影が終わった途端、雨がポツポツと振り出しました。

ガーデン挙式をする予定でしたので、ガーデンには既に椅子・祭壇・花等セッティング準備ができている状態でした。

しかし、雨が降り出したため急遽チャペル式に変更するため会場スタッフは大急ぎで、ガーデンに出した椅子・祭壇・花などを撤去して、チャペル内に移動しました。

その後、チャペル内でリハーサル。


入場練習


リングガール入場練習


ベールアップ練習

リハーサルが終わり、15分後には挙式スタートとなります。

そんな時、雨が止みましたwww

ただし、空は完全に曇り空。いつまた雨が降り始めてもおかしくない。

挙式まで15分だし、既にチャペル式の準備は整っています。

ゲストも全員集まってます。

普通ならこのままチャペルで挙式をしますよね。

でも、会場はそうしなかったんです!

新郎新婦は、ガーデンでのお式を楽しみしていました。

いつ雨が降り始めるか分からないけど「今は降ってない。」という所に賭けて、ガーデンで挙式をすることに踏み切ったのです。

そしてチャペルに移動した椅子・祭壇・花をまたガーデンへと運びなおしたのです。

普段はお手伝いしないであろう配膳スタッフも交えて、プランナー・キャプテン・司会者全員一丸となってガーデン挙式の準備をしたのです。

誰一人として嫌な顔せずに、一生懸命準備をしていました。

・挙式開始まで15分
・いつ降り始めてもおかしくない雨
・地面も少々濡れている

普通なら、安全にチャペルで式を行うでしょう。

でも、新郎新婦の願いを優先したこの判断は「超神対応」だと思いました。

結果、挙式は10分程度押してのスタートでしたが、何とか雨は降らずに挙式を無事終えました。


で、何と挙式終了して披露宴が始まる直前にまた、雨が降り出しました。

いや~。最高の会場スタッフでしたね♪

天も味方につけましたね。

ブラボ―――!👏

それでは。

アバター
布川洋平
関東近辺を中心にブライダル撮影&撮って出しエンドロールの撮影を行っています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です