このブログではエンドロール撮影歴8年の布川(ぬのかわ)が現場の視点から結婚式の闇(笑)を暴露しています。 また当社(STYLE Shop)の撮影における想いも熱く語っています。 カメラマンを外注したい!と思っている新郎新婦にぜひ読んでい頂きたいです! このブログに始めてきた方はまずは、
初めての方へをご覧ください!
ブログの筆者についてはこちら!
YouTubeチャンネルはこちら!


【脅威しかない】iPhone 11の登場により思う事

iPhone11が9月20日発売されます。

カメラや映像を商売としている私としては、このiPhone11の変態的な機能の進化にただただ驚く一方で恐怖を覚えました。

iPhone11の最大の魅力は「デュアルカメラ」。iPhone11 Proは「トリプルカメラ」。

これ、ヤバ過ぎでしょ!

1台のiPhoneにカメラレンズが3つ付いてるですよ。

これはあり得ない(゚Д゚;)

ただただ驚くばかり。

iPhone11で強化されたのはカメラ性能だけでなく

■耐久性
■耐水性
■バッテリー持久性

など今までの弱点も克服されています。

とはいっても、私的にはやっぱりカメラ性能の進化には脅威を感じています。

iPhone11 公式サイトのキャッチコピー知ってますか?

「下手な写真を撮るのが、さらに難しくなりました。」

ですよ。

いや~。凄いですよね。でもホントですよね。

若干興奮気味ですが、この進化には映像のプロとして、恐怖も感じています。

というのも、iPhone 11は4K映像(超高画質映像)の撮影もできます。

iPhone11 Proは、広角レンズ・望遠レンズ・超広角レンズの3つのレンズがついており、レンズ交換なしに瞬時にレンズを変えられる。

そして、暗闇でも明るく撮影できる。もちろん手振れ補正も付いてる

これもう、ビデオカメラ必要なくない?って思ってしまいます。

とにかく以下、iPhone11 Proのプロも映像を見てみてください。


※1分24秒~2分12秒辺りが進化したカメラ性能の説明をしています。

私は、結婚式のエンドロール撮影をしていますが、正直iPhone11 Proで撮影しても全く問題ない仕上がりになりますね。

ただし、さすがにプロカメラマンがiPhoneで撮影していると、見た目が良くないので、一眼レフカメラで撮影はしますが、サブカメラとしてiPhone 11 Proを使うのは有りだな。と思いました。

カメラの性能はこれからもドンドン良くなるでしょう。

iPhone公式サイトが言っているように素人でも「下手な写真を撮る方が難しい」というのは冗談ではないです。

そうなると、プロカメラマンはより自身の存在価値(プロ意識)を高めていかないと、iPhone11をもった素人に食われてしまいます。

iPhoneはまだまだ進化するでしょう。

私たちプロカメラマンは、iPhoneにはない「人間力の進化」をしていかなければいけません。

それでは。

アバター
布川洋平
関東近辺を中心にブライダル撮影&撮って出しエンドロールの撮影を行っています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です