このブログではエンドロール撮影歴8年の布川(ぬのかわ)が現場の視点から結婚式の闇(笑)を暴露しています。 また当社(STYLE Shop)の撮影における想いも熱く語っています。 カメラマンを外注したい!と思っている新郎新婦にぜひ読んでい頂きたいです! このブログに始めてきた方はまずは、
初めての方へをご覧ください!
ブログの筆者についてはこちら!
YouTubeチャンネルはこちら!


大切な事なのでもう一度書きます【お客様対応について】

ネットサーフィンをしていたら、Yahoo知恵袋で以下の様な質問を見つけました。

結婚式のエンドロールを外注でてはいしました。
インスタからお願いした方なのですが、HPには、追加料金なしと書いてあったのに、結婚式後、どんどん追加され、倍くらいの料金を請求されました。
わたしも、支払ってしまったのが悪かったのですが、それから、対応も悪く、LINEでやりとりしていたのですが、両親用のブルーレイも付くと言っていたのに、なんですか?それは。
といわれ、スクショがあれば対応しますといわれました。
他にも、LINEしても無視していたり、できないですよー。
みたいな業者としてありえない対応です。
スクショがあったので、送りましたが、承知しました。
と返信来ましたが、本当に納品してもらえるのか疑問です。
そういうトラブルは多いのでしょうか。

この質問について私の見解を述べたいと思います。

撮って出しエンドロールに限らず、集客の手法として、安い金額で客寄せをし、その後金額を吊り上げる。というのはよくある話です。

例えば、格安プランだと「挙式までしか撮りません」披露宴まで入れたいなら、+○○万円です。

といった感じで。

ただ、今回の質問者は結婚式後にどんどん追加され倍になった。

という事ですが、通常であれば、見積もり金額や撮影内容に同意があってから正式な依頼となるはずです。

そう考えると、見積書に分かりずらいように、追加金額の事が明記されていたのかもしれません。

そのこと自体は違法ではありませんが、新郎新婦ファースト。という考えからは程遠いと思います。

そして質問者の最大の失敗は「料金を支払ってしまった」という事ですね。内容に納得いかない場合は追加料金前の金額のみを支払うだけで良かったのかもしれません。

結婚式に限らず、高額商品を購入&契約する時はもっと慎重にならないといけない反面、何をどう注意して契約すればよいのか?

とても難しいと思います。

インスタを通じてカメラマンに撮影依頼をするのは手段として、決して悪くないと思います。

現に、インスタからたくさんの集客を得ているカメラマンもいますから。

ただし、きっかけがインスタだったとしてもその後、依頼するまでにいろいろと確認をされる方が賢明です。

自分の中で、この業者(この人)なら安心してお任せできそうだ。という風になってから依頼することです。

私がお客様対応する際に必ず心掛けていること

以前にも記事にしましたが大切な事なので再度書きます。

1.メールの返信は可能な限り最短で。
2.メールの返信は自分で終える。

です。

これは新郎新婦への対応だけでなくビジネスをされる方全員が実践して欲しい事です。

メールを送ったのに返信が遅い(返信がない)人は仕事ができない人(仕事への情熱が感じられない)と思ってしまいます。

たとえば、複数社に相見積もり依頼をした時に一番早くメール返信してくれるところが好印象ですよね。

もちろん、中身が伴っていなければ早くてもダメですが、それよりも返信が遅いよりはよいかもしれません。

ということで、まとめに入ります。

気に入った業者(人)を見つけた後は、その業者(人)の考え方や人となりをしっかりと把握する。
電話または数回のメールのやり取りでその辺りは分かると思います。

そこで何かの違和感や不安を感じたら、払拭するために質問する。
それでも不信感がぬぐえなければ依頼をやめる。

面倒くさいかもしれませんが、トラブルを極力減らすにはこの方法しかないと思います。

それでは。

アバター
布川洋平
関東近辺を中心にブライダル撮影&撮って出しエンドロールの撮影を行っています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です