このブログではエンドロール撮影歴8年の布川(ぬのかわ)が現場の視点から結婚式の闇(笑)を暴露しています。 また当社(STYLE Shop)の撮影における想いも熱く語っています。 カメラマンを外注したい!と思っている新郎新婦にぜひ読んでい頂きたいです! このブログに始めてきた方はまずは、
初めての方へをご覧ください!
ブログの筆者についてはこちら!
YouTubeチャンネルはこちら!


エンドロールに最も入れたいシーン【ファーストミート】

ファーストミートがエンドロールに入ると、感動的な仕上がりになります。

皆さん、ファーストミートってご存知でしょうか?

新郎が新婦のドレス姿を初めて結婚式当日に見ることを言います。

そのファーストミートですが、エンドロールを素敵に仕上げるための重要な演出となります!

なので、進行表をみた時に、ファーストミートあり。となっていると「よし!」って思います(笑)

素敵なエンドロールを作るコツとして、一番良い映像をエンドロールの最後に持ってくる。というテクニックがあります。

終わり良ければすべて良し。

という言葉があるくらい最後の終わり方は重要です。

私は大抵、エンドロールの最後は、

  • ・挙式のキスシーン
  • ・再入場のバックショット
  • ・ファーストミートで出会うシーン

辺りを使用することが多いです。

ファーストミートがある場合は、かなりの確率で閉めのシーンとして使います。

先週末(6/22)に撮影したエンドロールを使って具体的に説明したいと思います。

以下がその時のエンドロールとなります。
※曲の著作権の都合上、フリー音源に差し替えておりますm(__)m

SAMPLE

いかがでしたでしょうか?

新郎新婦の支度シーンから初めて、

0:11~0:15
新郎が新婦を待っている姿 前


新郎が新婦を待っている姿 後ろ

0:18~0:26
新婦が新郎の元へ向かう 後ろ


新婦が新郎の元へ向かう 前

とりあえず、ここまでが序章。
新郎のリアクションはまだ見せません。

そして、0:27~1:09は、挙式や披露宴のシーンなどを曲調に合わせランダムで構成。

1:10~1:14

サブリミナル効果的にファーストミートのシーンを入れ込みます。

もちろんここでもまだ新郎のリアクションは見せません!

この後は、式や披露宴のシーンに戻ります。

そして、いよいよ最後の閉めのシーンです!

おそらく映像を見ているゲストの方達は、ファーストミートがどうなったか?
という事は特に気にもせず、挙式や披露宴の感動に慕っていたと思います。

色々なシーンがあった中で、最後の最後にファーストミートの全貌を見せます!

4:05

再度、新婦が新郎の元へ向かうシーンを入れ込みます。

4:09~最後まで

新郎の方をトントン


新郎振りむく

新婦の初めてのドレス姿を見て、お互いハグして映像が終わる。

といった構成です。

実際は別の曲を使用していたため、BGMと映像があってないのですが、私が言おうとしている主旨は伝わるかな・・・と思います。

エンドロールを感動的に締めくくるには、ファーストミートは最高の演出ですので是非取り入れてみてはいかがでしょうか?

ファーストミート撮影の裏話

このファーストミートですが、ちょっとネタバラシしますと・・・

エンドロールでいろいろなアングルを残したかったので私が逐一指示を出しています。

例えば、「最後にハグをしてください」とか「新郎さんは嬉しそうなリアクションしてください」とか・・・

その他いろいろと新郎新婦にお願いして、私が欲しいシーンを抑えました。

今回は大丈夫でしたが思い描いている映像にならない場合は、実はTake2、Take3するときもあるんです(笑)

はい。

ネタバラシしすぎると、感動のシーンが全て作られたシーンの様に聞こえてしまうのでこの辺でやめておきますΩ\ζ°)チーン

それでは!

アバター
布川洋平
関東近辺を中心にブライダル撮影&撮って出しエンドロールの撮影を行っています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です