このブログではエンドロール撮影歴8年の布川(ぬのかわ)が現場の視点から結婚式の闇(笑)を暴露しています。 また当社(STYLE Shop)の撮影における想いも熱く語っています。 カメラマンを外注したい!と思っている新郎新婦にぜひ読んでい頂きたいです! このブログに始めてきた方はまずは、
初めての方へをご覧ください!
ブログの筆者についてはこちら!
YouTubeチャンネルはこちら!


素敵なエンドロールを作る方法

どうすれば、素敵なエンドロールが作れると思いますか?

答えは簡単です。

素敵なエンドロールを真似て作ればよいのです。

はい。以上。

今回の記事は終わり。

・・・

と言いたいところですが、それでは言葉足らず過ぎますのでもう少し説明します。

今やYoutubeを筆頭に動画投稿サイトの急速な普及により、企業・個人に関わらず誰もが簡単に動画を投稿できる時代になりました。

YouTubeで、エンドロールを検索すれば、たくさんの動画がヒットします。

様々なクオリティの作品がアップされていますが、その中から自分が素敵だな!と思うエンドロールの作りや撮り方を真似すれば良い作品ができるんです。

はい。説明は以上。

・・・

と言いたいところですが、これでは納得できないですよね(;^_^A

でも、これ、ホントです。

素敵なエンドロールを作りたいなら、既にある良い作品を真似するに尽きます。

し・か・し・・・

この簡単な事を実施するにはいくつかハードルがあります。

それは、

1.素敵なエンドロールを作りたいという向上心があるか?
2.素敵なエンドロールを見極めるセンスがあるか?
3.真似する事に抵抗はないか?
4.真似できるスキルがあるか?

です。

この4つのハードルを越えて初めて素敵なエンドロールが作れると思っています。

簡単なようで難しい?

どうでしょうか?

良い作品を見まくって「何が良いのか研究し、そして真似る」。

真似することがかっこ悪い。と思われるかもしれません。

でも、素敵な作品を作った人もきっと誰かの影響を受けてます。

赤ちゃんは親の真似をして言葉を覚え、成長します。

大人になると、この真似る作業をしてはいけないという感情が生まれます。

真似る=パクる ではありません。

良いモノは自分に取り入れる。そういう風に捉えればよいのかな?

それでは。

アバター
布川洋平
関東近辺を中心にブライダル撮影&撮って出しエンドロールの撮影を行っています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です