持ち込みカメラマンは会場の敵?


我々持ち込みカメラマンは会場から見ると厄介な存在として位置付けられています。

そりゃそうですよね。会場が提携しているカメラマンを使わずに新郎新婦が持ち込んだカメラマンを使うことにより会場側に以下の様なデメリットがあるわけですから。

・撮影代金が回収できない。
・持ち込みカメラマンの言動によっては当日トラブルになりかねない。

など、会場にとってプラスになることはないでしょう。

しかし、新郎新婦がカメラマンを持ち込みたい。と思わせてしまっている会場側にも少なからず責任(?)というか原因があるわけです。

・値段が高い
・クオリティーが納得いかない
・要望などが聞いてもらえない

など、いろいろな理由があるのだと思います。

どんな理由であれ、カメラマンを持ち込むと新郎新婦が判断し実際に持ち込みがOKになったら、持ち込みカメラマンを拒絶するのではなく、ウェルカムして欲しいです。

なぜなら、会場も持ち込みカメラマンも目的が同じだからです。

新郎新婦の晴れ舞台を最高の形でサポートする事

この目標は会場も持ち込みカメラマンも同じです。

その目標に向けて、協力し合う事が必要です。
結婚式は様々なスタッフが連携しあうことでトラブルなく、スムーズに進行できるのです。

持ち込みカメラマンだから、嫌がらせをする。ここは撮影させない。など沢山の規制を作るのはどうかと思ってしまいます。

もちろん、持ち込みカメラマンをウェルカムしていただける会場は沢山ありますので、全ての会場に当てはまることではありませんが、一般的には「持ち込みカメラマン=敵」という構図が出来上がってますよね。

まあ、私は持ち込みカメラマンなので、持ち込みカメラマンからの視点でいろいろと指摘しましたが、会場側の立場で考えるとまた全然違った知見があると思います。

ただ、上記でも記載したように、「新郎新婦の晴れ舞台を最高の形でサポートする事」。

この目標はどの立場に立っても同じだと思っています。

そのために、それぞれが何をすべきか?という事を考えて行動すれば、自ずと答えは出ると思います。

お金、権利、プライド等の利害関係が入ってくると、この目標が少しずつかすんでしまうのです・・・( ノД`)シクシク…

それでは。

布川洋平
関東近辺を中心にブライダル撮影&撮って出しエンドロールの撮影を行っています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です