このブログではエンドロール撮影歴8年の布川(ぬのかわ)が現場の視点から結婚式の闇(笑)を暴露しています。 また当社(STYLE Shop)の撮影における想いも熱く語っています。 カメラマンを外注したい!と思っている新郎新婦にぜひ読んでい頂きたいです! このブログに始めてきた方はまずは、
初めての方へをご覧ください!
ブログの筆者についてはこちら!
YouTubeチャンネルはこちら!


エンドロールに名前やコメントは入れない方が良い?

POINT

この記事はYouTubeでも解説しております。よろしければご覧ください。

結論から言います。

エンドロールには名前やコメントはない方が良いです

エンドロールなので名前を流すのは当たり前のように思われがちですが、ない方が良いのではないか? と思う理由を3つに分けて説明します。

  • 1.映像が見えづらい
  • 2.撮影しづらい
  • 3.名前間違いを避けるため

1.映像が見えづらい

エンドール映像の上に文字が流れるため、文字が流れている後ろの映像がどうしても隠れてしまいます。
参列者の名前と一緒に一言メッセージを入れるお客様もいらっしゃいますが、

一人ひとりの名前+コメントを表示すると、画面の半分ぐらいが文字で埋まってしまいます。

このように、画面左側が文字で埋まり、映像が見えづらくなります。

2.撮影しづらい

上記でも書いたように文字が流れる場所はどうしても映像が見えづらくなるため、文字と被写体がなるべく被らない様に配慮しながら撮影をしています。

構図が単調にならない様いろいろと工夫して撮影しなければなりません。

これ結構撮影難しくてカメラマン泣かせな感じになります(;^_^A

3.名前間違いを避けるため

参列者の名前の漢字が間違って流れてしまう事があります。当社ではゲストの名前は新郎新婦からデータでもらうのですが、いただいた元々のデータの名前が間違っていた。というケースも少なくありません。

友人や身近な存在の方の名前間違いであればまだ許されますが、

主賓や上司の名前が間違っていたりすると、気まずいですよね(-_-;)

という感じです。

我々のように映像クリエーターからすると、ない方が映像に集中できてよいと思うのですが・・・

新郎新婦の立場になって考えると、「参列いただいた方の名前を流す=敬意を表す」

という風に考えるのであればゲストの名前は入れるがよいと思います。

ただ、一つ言えることは名前と一緒に流すコメントは、一人ひとりに入れるのではなくグループごとに一言入れる程度に抑えた方が絶対良いです!

それでは。

アバター
布川洋平
関東近辺を中心にブライダル撮影&撮って出しエンドロールの撮影を行っています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です