エンドロール編集場所、勝手にランキング!


エンドロール編集場所ランキングーー!
過去に、こんなマイナーなランキングがあったでしょうか(笑)

ただ、我々エンドロールカメラマンにとっては結構気になる内容ではないでしょうか?
またお客様もカメラマンを持ち込む際はこちらの編集場所ランキングをご覧いただいた上で、会場と交渉いただけると嬉しいです♪

早速、1位から発表していきたいと思います。
今回は1位~5位+番外編という事でランキングいたします!

では、行きましょう!

あ、そうそう。
このランキングはカメラマンが「撮影と編集を兼任する」という事が前提となっております事ご了承ください。


■第1位 披露宴会場内
なんといっても、披露宴会場内のどこかに編集場所を設けていただくのがベストです。
「会場の端」「音響さんの隣」など会場内だと、編集しながら披露宴の進行状況が分かるため時間配分がしやすいのです。

例えば、乾杯の後に歓談を挟んで、ケーキカットがあるとします。
※乾杯とケーキカットのシーンをエンドロールに収録する場合で説明します。

乾杯を撮影した後、歓談中に映像を編集します。そして、歓談が終わり、司会者がケーキカットをするアナウンスをしたら編集をストップしケーキカットの撮影をします。
ケーキカットの撮影後また、編集を始める。

といったように効率よく撮影と編集ができます。

編集場所が披露宴の進行状況が分からない場所だとすると、乾杯の撮影をした後にケーキカットが始まるまで披露宴会場内で待たなければなりません。編集場所に戻っている最中にケーキカットが始まってしまう。というケースを避けるためです。


■第2位 司会者の声が届く場所
具体的な場所ではないのですが・・・理由は第1位と同じです。
編集しながら披露宴の進行状況が分かる場所がやっぱりベストです。
披露宴会場内以外で、司会者の声が届くところですと、「バックヤード(披露宴会場の裏手)」「披露宴会場の扉付近」でしょうか


■第3位 ロビー、ホワイエなど
この第3位のロビーやホワイエが編集場所として一番多く使用させていただいている気がします。
大抵披露宴会場の入り口前に広めのスペースがあります。そのエリアを使う事が多いのですが、ゲストの方に編集している姿を見られてしまうため、なるべく端の方でこっそり編集することが多いですね(笑)


■第4位 親族、友人控室
親族や友人控室で編集することも多いです。こちらは少々広めの部屋での編集となりますが、控室と披露宴会場が別フロアだったりすると会場との行き来に苦労することがあります。


■第5位 新郎新婦の宿泊部屋
ホテルウェディングで、持ち込みに厳しい会場の場合は新郎新婦の宿泊部屋で編集する場合があります。
編集スペースとしては成立するのですが、大抵、披露宴会場とは別フロアで披露宴会場と編集場所が遠いことが多いため自ずと、撮影できる範囲が短くなります。


以上が、エンドロール編集場所ランキングとなります。
1位~5位までを見ていただくとわかりますが、とにかく披露宴会場に近く進行状況が分かる場所で編集できるのがありがたいです!

さて、ここからは番外編としまして、過去にこんな場所で編集しました!というのを紹介します。


★番外編1 披露宴の席
披露宴の自身の席で編集しました。みんなが料理を食べているのに一人だけ編集している・・・というとても恥ずかしい感じの状況です。
隣の人は画面をのぞき込むし、話しかけるし、作業に集中しずらく最悪でしたね。


★番外編2 車中
会場側で編集場所が用意できないという事だったので、車中で編集しました。コンセントがないため外付けバッテリーを持参しての編集でした。


★番外編3 外
車中での編集と同様に、会場で編集場所が用意できなく車もなかったためホテルの外のベンチで編集しました。


いかがでしょうか?

エンドロールはノートパソコンで編集をしますため、正直どこでも編集はできてしまいますが、できれば番外編で上げた場所では二度としたくないですね・・・

それでは。

布川洋平
関東近辺を中心にブライダル撮影&撮って出しエンドロールの撮影を行っています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です