安い業者には要注意!という考え方


エンドロールに限らずなんでもそうですが、
安いモノには気を付けろ!(裏がある!)と言われています。

確かに、安かろう悪かろう。という商品は世の中に無数に存在しています。
それとは逆に、本当はもっと安く提供できるのに、市場価格に合わせて提供しているモノも沢山あります。

それが如実に表れるのがブライダル業界なのです。

誰が決めたのか分かりませんが、ブライダルに関わる費用って全て高額ですよね。

撮影費だけでなく、挙式・料理・ドレス・花・引き出物・メイク・ブーケ・・・等小物まで入れたらきりがありませんが、これら全てが高額です。
ただ、「お祝い事だから」という一言でまかり通ってしまうのが現状です。

そんなブライダル業界だからこそ、我々のような持ち込み業者が多数存在します。

正直、会場が高額な商品を取り扱っていることで我々としてはビジネスチャンスが広がるため、むしろありがたい事なのです。
本当はもっと安く提供できるはずなのに、会場を通すと2倍にも3倍にも価格が膨れ上がって提供されています。

例えば、会場で撮って出しエンドロールを頼もうとすると、15万~20万円ぐらいが相場となります。
では、我々のような持ち込み業者の価格相場はいくらぐらいなのでしょうか?
全てを調べたわけではないため、あくまで相場観になりますが、8万円~15万円という感じでしょうか。

8万円以下で撮って出しエンドロールを提供している業者をいくつか見つけましたが、よくよく見ると撮影は挙式だけ、とか、写真を使ったエンドロールだったりしましたので今回は動画の撮って出しエンドロールで、披露宴の中盤辺りまでを撮影する業者の価格として挙げています。

で、当社の撮って出しエンドロールは55,000円(税込)です。

会場と比べると、3分の1の価格。
撮影業者と比べても、約2分の1の価格。

安いですよね。一見怪しいですよね(笑)・・・

私もユーザーだったら、なんでこんなに安いんだろう。と疑ってしまいます。
そうすると、以下の様な感情が沸き起こってきます。

安い業者には要注意!何か裏があるはずだ・・・と。

この感情が生まれてくるのは仕方がありません。物騒な世の中ですから。

では、この怪しい(何か裏がある)・・・という感情から安心(安くてお得)に心を変えていく必要があります。

その役目を果たすのがHPです。

HPを通して、新郎新婦の心をがっつり掴むことさえできれば、安い価格でも安心してご依頼いただけます。
また、このブログを書いている理由も、HPだけでは伝えきれない当社の想いを文字にして共有することで、より安心していただけるのではないかと思ったからです。

今回は、当社が55,000円で提供している具体的な理由には触れてませんでしたが、この価格にしている明確な理由があります。
それは次回の記事にしたいと思いますのでお楽しみに。

それでは。

布川洋平
関東近辺を中心にブライダル撮影&撮って出しエンドロールの撮影を行っています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です